日本ペプチド学会
会員各位

第10回国際ペプチドシンポジウム・第55回ペプチド討論会(2018年12月3日〜12月7日、京都) の開催にあたりましては色々とご協力を頂き有り難うございます。

さて、シンポジウムのポスター発表【9月5日(水)14時】と参加登録の早期割引締切【9月5日(水)17時】まであと2週間余りとなりました。

今回のシンポジウムでは、Scripps Research Institute の Dale Boger 教授、UCSF の Bill DeGrado 教授に加え HP に掲載されておりますように世界の一線のペプチド研究者を講演者として招へいしております

これらの研究者の最新の研究内容や人柄に触れるとともに、皆様の研究成果の発信と情報交換をおこなう、またとない機会と考えます。できるだけ多くの研究者の方、学生の方にご発表頂き、活発で実りあるシンポジウムにしたいと思っております。

夏休みの時期と重なってはおりますが、皆様には要旨の準備等を早めに行っていただければと思います。

なお、9月5日17時を過ぎますと、登録料は5千円から1万円割高となります。ご自身で発表をお考えでない方におかれましても、参加登録をお忘れ無きよう御願い申し上げます。

皆様のご参加・ご発表をお待ちしております。

第10回国際ペプチドシンポジウム・第55回ペプチド討論会
組織委員長
二木史朗
松崎勝巳

追伸

  1. 昨今の観光客の増加で京都のホテルは慢性的に混雑しておりますが、今なら比較的リーゾナブルな価格でホテルがネット等にでているようです。とりあえずの部屋の確保をお早めにお願い出来ればと思います。
  2. 以前にもご紹介致しましたように、今回のシンポジウムでは若手研究者・学生の方を対象に、以下の賞や行事を準備しております。 意欲ある学生の方の奮ってのエントリーを期待しております。
    1. 若手口頭発表(申込終了)
      約20件を採択予定。この中から2件に対し、Peptide Science から最優秀発表賞が授与されます。
    2. ポスター賞
      ポスター賞約20件を授与予定。この中から3件に対し、Angewandte Chemie/ChemiBioChem 両誌による最優秀ポスター賞が授与されます。
    3. 若手ミキサー
      居酒屋スタイルでの若手研究者・学生(外国人を含む)の交流を図ります(会費3,800円)。若手研究者・学生が対象ですが、特に年齢制限はありません。自分が若いという意識をお持ちの方ならどなたでもご参加下さい。

第10回国際ペプチドシンポジウム・第55回ペプチド討論会
組織委員長
二木史朗
松崎勝巳