会則第4条第5項に定める名誉会員の推薦基準及び選考手順を次のとおり定める。

第1条(推薦基準)
日本ペプチド学会の正会員である者、あるいは正会員であった者を、名誉会員として推薦する場合の基準は次の通りとする。

  1. 会長経験者で70歳以上
  2. 次の役職等経験者又は本会が授与する次の賞の受賞者で70歳以上
    • 副会長、四役(庶務・会計・広報・渉外)及び監事を通算3期(1期2年)以上
    • ペプチド討論会、あるいはペプチド化学討論会の世話人
    • 学会賞または赤堀賞受賞者
  3. ノーベル賞受賞者
  4. 文化勲章受章者
  5. 文化功労者
  6. 学士院賞受賞者
  7. 上記1~6の基準に係らず、本会に特に功労があったもの

70歳以上とは、選考時ではなく、名誉会員認証授与式のある本会年度内に満年齢で70歳に達する者をいう。

第2条(推薦人および推薦手順)
推薦人は会長とする。

理事または評議員は、被推薦人として適切な者を会長に推薦する。

第3条(選考手順)
推薦人として会長は、本会所定の「日本ペプチド学会名誉会員候補者推薦書」を提出するものとする。

被推薦人は理事会において過半数の賛成により確定し、評議委員会の議を経て総会の承認をもって決定する。

被推薦人はその受諾をもって名誉会員になるものとする。

第4条(選考時期)
名誉会員の選考は2年ごとに行う。

選考時期は会長の任期(2年)の最終年の理事会(4月)で行うものとする。

第5条(本人への伝達)
理事会において名誉会員候補者確定後、速やかに本人に伝達するものとする。

付則

  • 本内規は平成25年4月1日に施行する。
  • 平成27年4月1日に一部改訂